近年は、お葬式について詳しい高齢者もだんだん少なくなってきて、ここでは、仏式の場合のお葬式の流れについてご紹介します。お葬式の流れについて必要な方に少しでもお役に立てれば幸いです。

臨終からお葬式、火葬までの流れ

①臨終

・お亡くなりになられた方の体を清め、死に化粧を行います。

・ほとんどの方が今は、病院でお亡くなりになるケースなので、病院からご遺体搬送の手配を葬儀社などに依頼し、自宅や葬祭場、遺体安置上に搬送します。安置するときは北枕に安置します。

・病院から死亡診断書を受け取り、支払いを済ませます。

 

②通夜・お葬式の打ち合わせ

・寺院、神社、教会などへの連絡を行い、お葬式の日程の相談を行います。

・親族、家族とお葬式の方針を話合い決定し、それに見合う葬儀社を決定します。

・葬儀社よりお葬式の費用の見積もりをとります。

・喪主の決定、世話役代表の依頼を行います。

・通夜・お葬式・予算などについて葬儀社と具体的に決める。

・役所に死亡届の提出と火葬許可証の交付を受ける。

・お葬式費用の準備。

 

③通知

・親族・友人・仕事関係者などに死亡、通夜、お葬式の日程の通知を行う。

・隣近所、町内会への挨拶を行い、通夜、お葬式の日程をお知らせする。

 

④通夜の準備

・自宅で行う場合は祭壇を飾る場所の準備などを行う。

・弔問客の受付、接待の準備。

・会葬礼状、返戻品の手配を行う。

・僧侶の接待と通夜終了後の挨拶を行う。

・枕勤めをし、死葬束をそろえて納棺。